SIRIUS(シリウス)とGoogle音声入力ツールの合わせ技が神ってる

SIRIUS,Google音声入力,ツール,合わせ技

はい、皆さんいかがお過ごしでしょうか小口です。

 

今日はですね、

 

「ブログを執筆するのには【今の時代】音声入力機能を使うが最強」

 

というテーマで、お送りしたいと思います。
よろしくお願いいたします。

 

皆さんは音声入力機能を使ったことがありますか?私はなかったんですね。

 

で最近になって「Google ドキュメント」の中にある「マイク」のツールがありますよね?
そちらをちょっといじってみたんですよ。

 

するとどうでしょう(°0°)
すごい勢いでスラスラとですね、文字が起こされるんですよ!

 

少し前の音声入力機能っていうのは誤字脱字が多くて、がっかりしていたのです。

 

というよりも自分の滑舌が悪くて、しっかり認識されていなかったとも言えますよね(苦笑)

 

しかし、のけ反ったなぁ…。

 

昨今の音声入力機能って進んでいるんですね。

 

特に 「Google Chrome」 の音声入力機能っていうのがズバ抜けてます。

 

今スマートフォン片手に、Googleドキュメントを使って文字起こしをしております。

 

この時点でですね500文字を越そうとしておりますね。

 

500文字ですよね?

 

ここまで、どのくらい時間がかかったかと言うとですね、なんとたったの3分です。

 

3分で500文字の文章が作れてしまうんです 。

 

通常個人ブログでは一記事あたり(おおよそとして)2000〜4000 文字打たれていると言われています。

 

500文字で3分ですから、ざっくり計算で…

 

1000文字で6分×4ですから→24分!
およそ30分で4000文字のブログ記事が作れてしまうという計算になりますよね。
( 驚き桃の木21世紀です)

 

実際にはタイトルを考えたり、構成を考えてみたり、根拠となるデータをいろんなサイトや本から収集してブログ記事を作るわけですから、4000文字のですね記事を書くにも当然 30分 では終わりませんが、それでも執筆作業で文字数4000字が30分間で終わるというのは武者震いしました。

 

すこぶる「時短」になると言えるでしょうね。

 

このブログの作成にはシリウスというソフトを使っています。

 

しかしシリウスには高性能な音声入力機能が付いてないんですよね。
そこが残念です。

 

シリウスにも高性能な、音声入力機能がついていたら尚良かったのにな。

 

ただ今回の「Googleの音声入力機能」を上手に取り入れれば、シリウスはあなたにとって、もっと使える相棒になる事は間違いない。

 

ブログ・サイト作成ソフトのSIRIUS(シリウス)については、私のYouTubeチャンネルでもご紹介していますので、ぜひ見て下さい(^ ^)

 

SIRIUSについて語っている私の動画


ブロガーにとってGoogle音声入力機能は「神ツール」かもしれん

 

Google の音声入力の以前の課題といえば「 Windows 10」の音声入力のように、

 

「、」「。」(句読点) を入れたくても入れられないっていうですね、それが究極の課題でした。

 

しかしパソコンで Google 音声入力を使えばクリアします。

 

つまびらかに言えばパソコンの 「Googleドライブ」で「Google ドキュメント」を作成する方法がベストです。

 

これでしたら音声入力をしながら、途中でキーボードから句読点を入れていけば良し。

 

今、皆さんがご高覧くださっているこの記事も 「Google のドキュメント」で音声入力しながら「句読点」はキーボードで打ち込み作成しているんです。

 

誤字脱字は、ほとんどなく手直しが極めて少ないというのが 「Google 音声入力」の良いところですね(^_^)

 

「Googleの音声入力ツール」に出会う前は、相手(読手)にどうやって伝えれば良いか頭の中で考えながら文章を打っていたのですが、

 

音声入力に変えると、

 

「自分が喋っているだけで、自分に専属記者なり書記がいるような感じ」です。

 

話す内容をしっかりと文章に残してくれるというような感覚。

 

出来上がりの文章を最終的にはチェックをして言い回しを手直しする程度です。

 

私のように「文章を作るのが苦手な人」や「パソコンの知識にあまり自信がない人」「限られた時間の中でブログの記事を投稿しなければならない人」なんかには、

 

「Googleの音声入力機能」は神ツールと言えるでしょう。

 

パソコンで文章を打ち込もうとすると(紙でもそうですが)なんか格好をつけようとして、堅苦しい文章になってしまったり、言葉が出てこなかったり、煮詰まったりする経験はないでしょうか?

 

音声入力機能を使えば、「話しながら文章が勝手に作られてしまう」わけですから、普段のアナタがする会話と全く同じですよね。

 

ですから、この記事にも「その人らしい味というか個性」というものが見えてくるのではないでしょうか?

 

その人らしい、言い回し、語り口、口癖というものはありますよね。

 

自分が今までキーボードに打ち込んでいた言い回しとは全く別の、「新しい世界、本当の自分」それに出会うかもしれませんね。

 

そうそう、気付けば文字数が1870文字を超えそうです。

 

まだ10分も経ってないですよ。

 

ありえない、けしからん、すごい羨ましい!

 

さあ、是非アナタも「Googl音声入力ツール」を取り入れてみてくださいね(^−^)

 

Googleの音声入力ツールを使うには Google Chrome をダウンロードする必要があります。
Google Chrome
GoogleDrive

ここからはSIRIUSの出番

  1. できあがった文章をSIRIUSの本文枠にコピペ
  2. SIRIUSで手直し
  3. SIRIUSで記事画像やアフィリエイトバナー、タイトルや小見出しを入れる等する
  4. 「はい、完成」

 

SIRIUSのいいところはサイト全体がビジュアル的にチェックできるってところですね。

 

サイトやブログを作るのに主流である WordPress で構築していると、どこのどの部分にページが属しているのか分からなくなってしまうというのがよくあるんですよ。

 

でもSIRIUSは一発で可視化ができてしまうので、確認が簡単ですしドラッグしてさっと別のところに移動ができてしまうので楽です。

 

個人的には「一番ここが刺さった」って感じなのが、自分が作ったブログやサイトをサーバーにアップするのに「ワードプレス」とかではファイルを一つずつFTPソフトを使ってアップする必要があるんですが、SIRIUSはクリックひとつで一括更新できてしまうのが楽すぎる。

 

Windows のワードやエクセル、パワーポイントなどでプレゼン資料を作るのと感覚はまるっきり一緒。

 

プレゼンの資料を作るのにもSIRIUSを使ってしまうってのもアリ。

 

実際私はそれやってます。

 

「SIRIUSのアレコレもっと知りたい人」SIRIUSの公式ページをご覧あれ

 

TOPへ